年齢肌と戦うママのひとりごと

トップページ >> 今ではすっかり身近になったオリーブオ

今ではすっかり身近になったオリーブオ

今ではすっかり身近になったオリーブオイルは幅広くイタリア料理に使用される油、といった印象を持たれますが、健康に有効な成分が多くふくまれているため、肌のお手入れに効果的なものとしても話題を集めています。

例を挙げると、オリーブオイルを使用した洗顔法があり、前よりシミが薄くなったと感じる人も少なくありませんから、自分の肌を綺麗にしたいと思う人にとってはこの方法はぜひ試してみたくなるのではないでしょうか。



美容部員さんの座談会で肌が薄い人の話になりました。肌が薄くてシワができやすい人って、一定数いるんです。
シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、これまでのスキンケアが今後も合っているのか、考えなおしてみてちょーだい。


乾燥している時期に肌がつっぱってくるようだと残念ながら注意が必要です。
普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、劣化(老化)が進行しやすいです。
以前は大丈夫だったとしても、肌の厚みは年々薄くなっていくので、自分の現在の肌質と年齢に合ったケアというのを、考えなおしてみると良いでしょう。お肌のケアのためなら、顔を洗うときにはおでこのキワなどの落ちにくい部分まで、すみずみまで洗い落としましょう。

すすぎ終えたら、タオルを頭に乗せるようなイメージで水気を拭き去ります。断じて、ゴシゴシと拭いたりするのはやめてちょーだいね。

当然、きれいなタオルを使用することが、前提となっています。
ニキビになってしまった場合治ったとしてもニキビの跡が気になることが多々あります。気になる吹き出物の跡を消し去るには、赤く炎症を起こしているニキビの跡にはビタミンCを含んだ、美容液や化粧水をたっぷりと使って、色素が沈着したニキビの跡にはピーリングジェルが効果が期待可能です。


肌にシワができるのには原因があります。


何かというと、乾燥が一番であることはよく言われているようです。屋内でエアコンの風にさらされたり汗をかき、汗と伴に肌の保湿成分が失われた時は特に要注意です。

では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、とにかくまめな保湿を心がけることが最も重要だと考えられています。
スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。どこでも取り出してシュッとひと吹き可能です。

それから、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。
肌のお手入れをしないと、どうなるかというと、多数の人は肌がボロボロになることをイメージすると考えますが、現実にはまったく別で肌はゲンキを取り戻します。

スキンケア商品というのは肌に負担をかけるので、それを使わないようにしてワセリンだけを使用するのが最も優しいお手入れ方法だと言えます。


お酒も適量ならば全身の血行を良くし、美肌効果も期待可能です。市販の酒粕をパックとして使うとくすみのない肌になるそうです。
板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、水を少しずつ加えながら柔らかくし、ペーストになるまでよく混ぜます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。
もっとも、お酒に弱い方には、このパックは向いていません。


お肌にある濃いシミの治療として効果のある方法は、皮膚科などで施術を行って貰うレーザー治療やピーリングが挙げられます。



専門機関による治療のメリットとしては効き目がすぐに確認でき、時間をかけずにシミをなくすことが可能なことですね。
セルフケアでシミを消すには、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにあるシミ治療薬を飲向か、ハイドロキノンという美白成分入りの専用化粧品でケアすることがシミ対策に有効です。シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはパックでしょう。一日の終わりのパックの時間は美容と精神の健康に、とても有益な時間です。実は、自分で簡単につくれるパックもありますので御紹介します。



市販されているごく普通のプレーンヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみ肌に適宜のせてパック開始、すこし休みます。


ヨーグルトの成分が美白や保湿の効果を肌に与え、冷たさで毛穴も引き締めてくれますしおそらくシワにも効果があるでしょう。ぜひ一度お試しちょーだい。

たくさんの女性が抱えている悩みの一つにお肌に関することがあります。老化に伴い、特にシミに関して悩みがちです。

シミをどうにかしたいと思ったら、積極的にビタミンを摂取するというのが有効でしょう。ビタミンCの効果においては、シミ予防だけでなく出来てしまっているシミに対しても、薄めたりなくす効果も期待可能です。

積極的なビタミン摂取を日々する事で健やかな肌を維持することができるでしょう。



Copyright (C) 2014 年齢肌と戦うママのひとりごと All Rights Reserved.
↑先頭へ